山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

大分、山口、岡山、兵庫、三重、長野、神奈川、茨城、群馬、栃木、福島、岩手など全国の山林売買のお問合せ急増

0
     全国の山林所有者の方から、お問い合わせが急増しています。

    しかし、残念ながら、私ども(北関東一円に製材工場を展開する、国産材製材 ?トーセン)が最大限にその資産を評価させて頂いても、山林所有者の皆様の満足いく価格をご提示できることはめったにない。これが現状です。

     長引く不況と、異常に進む円高により、国際商品である木材の価格はまさにデフレ価格となってしまっており必然的に山林の価格は長らく低迷しているのです。

    http://info.sanrin-katsuyo.com/?eid=33(山林の価格)

    あまりにも木材が安すぎる。我々ですらそう感じます。

    増え続ける貴重な木材資源を何とか生かし、日本の国土の66%を占める山林の価値を適切なものにすることは出来ないか・・・。

    もはや、人口減少が進む日本で木材製品の大幅な増大は見込めない。

    現在の我々の考えはずばり、エネルギー利用です。

    平成24年7月に施行された「再生可能エネルギー固定買取制度」最大限利用することを目的としたバイオマス発電施設の計画が次々発表されています。
    http://info.sanrin-katsuyo.com/?cid=6(全国のバイオマス発電施設計画)

    私ども北関東一円で今後計画を進めます。http://www.tohsen.net/

    山林所有者の立場に立った情報発信サイトとして 山林活用ドットコムを立ち上げました。

    http://sanrin-katsuyo.com/index.html

    ご注目頂ければ幸いです。メールマガジンも是非ご登録を!!


    バイオマス発電と地域振興

    0
       NHKラジオ の「ラジオあさいちばん」という番組を聞きながら通勤している。番組のなかにビジネス展望というコーナーがあり、先日「バイオマス発電と地域振興」というテーマで、京都大学大学院 経済研究課 の諸富 徹(もろとみ とおる)教授がお話されていた。

       ドイツでは、再生可能エネルギーのなかでのバイオマス利用の比率は25%におよんでおり、熱利用も行いながら、非常に数多くのバイオマス施設が地域に根付いて地域振興に役立っている点紹介されていた。様々な、課題があるが、発電事業をビジネスとして成立させるノウハウ、資金調達、地域の中での共存関係の確立、林業業界の自立による生産性の向上などが望まれる点お話されていた。

       日本は国土の67%が森林で覆われている国、未利用の木材資源が活用されるようになれば、林産業が活性化し、雇用が生まれ、エネルギーの自給に貢献し、山林の不動産としての価値が向上するハズ。

      NHKラジオのホームページに番組の内容を聞くことが出来るコーナーを見つけた。興味のある方は覗いてみられては・・・・。

      http://www.nhk.or.jp/r-asa/business.html

      10月17日現在 諸富先生のお話はまだUPされていません。後日登録されると思います。
                                 ↓
      10月22日現在 UP確認できました。期間は、4週間。視聴可能です。

      日本の山林は価値を生まない・・?

      0
         京都府の方からのお問合せを頂きました。

        区有林があり、その山林のヒノキ材を活用できないかとのお問合せでした。

        公民館の建設にせっかくある木材を利用したいとの主旨でした。

        所有する山林の木材を利用するのだから(原料費はタダなのだから)費用的にも安く済むのではないか?との当然のご質問だとおもいます。

        しかし、現実は違うとのご返答となりました。
         
         円高と不況のあおりで木材製品価格は、売れずに低価格の状況です。木材問屋さんでは、ヒノキの柱材であっても在庫が沢山あるのではないかと想像します。特に、最近はヒノキ材の需要が落ち込んでいるのです。木材製品もデフレ価格なのです。

         山の木を伐採し、搬出し、製材工場まで運び、乾燥・加工し、建築現場で使う。この一連の工程をその山の為だけで行うと、経費が掛かり過ぎてしまうのです。うらを返せば、それだけ木材製品が安く、運搬費や製造コストの割りに、原料が高く買えないのが今の現状なのです。

         山に、もっと還元できる仕組みがないと、日本の山林は価値を生まない。改めて考えさせられたご質問でした。

        ドイツ・オーストリアの風景

        0

           ご報告が遅くなってしまったのですが、ドイツ・オーストリアの視察では改めてあちらの景色や、住まいの美しさに(特に田舎街)に感動しました。

          日本人が観光では行かないような(観光地ではない場所)田舎の町並みや、家々が本当に美しかった。窓には花が飾られ、整理が行き届いたたたずまいでした。(それが、見る家見る家一軒も例外なく)
           自分達の生活にプライドをもち、質素だけれども本質的な意味で豊かな暮らしをしている。長引く不況で暗いニュースばかりの日本にないものを感じました。いったい、この本質はなんなのでしょうか?





          ドイツの住宅














          偶然昼食をとることになった古い集落は、まるで街全体がディズニーランドの町並みそのものでした。しかも、それはこれからイベントがあるわけでもないのに美しく飾られていました。
          フィルソーフェン





          彼らは、自分たちの生活スタイルを誇りに思い、質素ではあるが生活をエンジョイしている。
          ベーゲンスプルグ ドナウ川








          ドナウ川と町並み



          アルプス





          ヨーロッパアルプス

          レンゲンフェルド






          三ツ星ホテル  一泊一人約120ユーロ 
















          切捨て間伐

          0
             ある、山林所有者の方の山を見させて頂きました。驚きました。

             2年前に奥山の間伐が遅れている山林の整備という名目で、いわゆる森林環境税を利用して「捨て切り間伐」を行った場所でした。

             奥山のため、次の収入間伐(伐採益を得る為の間伐)はしばらく見通しがなく、山林の管理と保全を目的に正に切り捨てられた跡地です。

             山林所有者の方は、費用も掛からず山の管理が出来ると薦められれば、反対する理由もないと判断されるのも当然です。しかし、森林環境税という大切な税金をかけて、この状況では、山が泣きます。もっともっと貪欲に資源を活用し、伐採木を生かすことが本当の意味で、血税を生かすことではないでしょうか?

             こうした資源を真剣に活用する議論が必要と山林活用ドットコムは考えます。

            捨て切間伐










            発電と熱利用

            0
               再生可能エネルギー固定買取制度(FIT) では、エネルギーのなかでも発電による電気エネルギーがメインとなっている。福島であれだけの事故が発生し、日本全体でみると非常に電力が不足していることを考えると当然かもしれない。

               しかし、最近バイオマスを勉強してつくづく感じることがある。

               原子力発電で、約30%程度のエネルギー変換効率しかないらしい。 効率は低いのだ。火力発電所でも48%程度。

               つまり、原子力発電は100のエネルギーを持った核燃料を利用し、お湯を沸かし、蒸気を発生させ、タービンを回し、ようやく発電すると、発生する電気は30になってしまうのだ。しかも、この効率は大規模(100万KW以上)であるほど有利。バイオマス発電のような小規模(5000KW)では現実的には20%程度なのだ。

              東京電力(どの電力会社も)は、発電して儲ける会社なので規模を拡大して発電する。→その結果、一箇所に莫大な熱エネルギーが発生する。→熱エネルギーは、遠くに運んで利用しずらい。(近隣では利用できない)→熱をどうやって捨てるか考える。→ 海の近くに発電所を設け熱を海にすてる。

              電気は、送電線を張れば遠くでも利用できる非常に便利なエネルギーであることは疑う余地は無い。

              しかし、極論を言えば、日本全土の電気を作り出す大儀のために、その数倍もの莫大な熱エネルギーを日本の技術を結集して海に捨て続けてきたのである。(今現在も)

               どう考えてもこれは愚かなことだ。どう考えても・・・。

               発電と共に発生する熱をどうやって活用するか、ここに技術を結集すべきではないか?トータルでエネルギーを利用するには、規模が小さいほうが良いのではないか?

               小規模で発電し、そこで生まれる熱を最大限に生かせば、日本の発電所はそんなに要らず、大きな省エネを達成することができないのか?なぜ、国はこの機会にこのような矛盾を解決しようとしないのか?

              以前 別の機会に、日本全土の森林系のバイオマス発電の潜在的な能力は原子力発電 1基分と 大雑把に計算したことがある。熱利用まで追及すれば小規模ゆえにその数倍の潜在的な可能性があるのではないか?

               いつも、このことを考えるとヒートアップしてしまう。エアコンの設定を思わず下げそうになった自分に気付いた・・・。

              富士山 山麓

              0
                 

                 昨日8月24日(金)〜25日(土)にかけ、会社の親睦旅行に行ってきました。初日コースは、富士五湖観光と富士急ハイランドの2つを分かれて回り、下部ホテルに宿泊し。本日は、朝霧高原を経由して御殿場インター近くのアウトレットモールのショッピングでした。 個人的には、ショッピングよりも富士周辺の森林資源に興味湧き、その豊富さを改めて感じた旅行でした。かつて何度も青木ヶ原樹海も通過したことがあるのですが、森林活用ドットコムを担当するようになって、全く違う視点を持つようになった訳です。皆さんも、ご自分の周辺の山林を改めて観察されてはいかがでしょうか。富士山周辺の山林は、人工林もたくさんありましたが、手入れが遅れている印象でした。写真は、朝霧高原付近のバスの車窓から携帯で撮影した写真です。薄めの逆光ですが、まあまあのショットでしょ!







                脱原発 過半の国民希望

                0
                   東京電力福島第一原発事故を受けた新たな「エネルギー・環境戦略」策定に関する国民の意見を検証する政府の専門家会議は28日、「少なくとも過半の国民は原発に依存しない社会の実現を望んでいる。」との検証結果をまとめた。 (毎日新聞 2012年8月29日 朝刊)

                   人間だれしも、自由・安全でかつ豊かな生活を送りたい。しかし、それを達成するには、ふんだんにエネルギーを消費するライフスタイルに成らざるを得ないと思う。1億人の人がいれば、1億通りの考え方があり省エネスタイルが重要と分かっていても、本来生存するために必要なエネルギー以上に(無駄な)エネルギーを消費してしまう社会となるだろう。

                   ドイツのバイオマス利用を視察する途中、ライン川のほとりに巨大な蒸気を発生する施設を発見した。日本にはない、内陸型の原子力発電所であった。バイオマスを生活システムの中に取り入れている彼らですら、原子力と共存していた。かれらの合理性を垣間見たような気がした。

                   


                  ドイツ原子力発電所

                  太陽光発電と木質バイオマス発電

                  0
                     いま、再生可能エネルギー固定買取制度は、バイオマスだけではなく太陽光発電も有利な価格となっている。地球上に降り注ぐ太陽光のエネルギーをもっともっと利用できれば、地球環境に付加を掛けずに人は活動できるはずだ。太陽光発電の最大の課題は、夜発電出来ないことと、天候に左右され変動が大きいこと。夜間電力は、余っているので前者は、大きな問題ではないのかもしれない。一方、バイオマス発電は、燃料の安定供給にコストがかかることが課題であるが、燃料資源が豊富にあれば発電は比較的安定した発電量が見込める。ヨーロッパ視察の時にオーストリア人の方が、おっしゃっていた。太陽光もバイオマスもありとあらゆる再生可能なエネルギーを組み合わせて使うべきだと。その通りだと思った。
                     良く考えると、地球上の生命エネルギーの源は殆どは太陽の恩恵である。我々の取り組んでいる木質バイオマスもいわば太陽光を木が蓄え、それを利用する。木質バイオマスは、広い意味で太陽光発電なのだと最近つくづく思うことがある。 風も波もか・・・・・。
                     

                    栃木の山林(約13ha)のご商談

                    0
                       1年ほど前から、ご商談させて頂いていた方との商談が大詰めとなってきました。比較的手入れが行き届いた山林で雑木林も一部ある山です。当初は、山の間伐(手入れ)のご相談でした。売買のきっかけはやはり、将来の相続の問題でした。所有者の方は、相続においてある程度整理をしたいとのご意向を強くお持ちでした。また、ご先祖から引き継いだ山を、誰でも良いから売りたいという趣旨ではなく、山が荒れないような管理を継続してしてもらいたいとの条件もお持ちでした。弊社としては、材木の価値に加え、いろいろなお客様(住宅メーカー、工務店さま)に山林を見学していただける山としての価値を見出すことが出来たので、購入後即、伐採ではなく、適度に手入れをしながら継続して管理する意向です。お盆をはさんで、将来のことを親族でじっくり話され決断されたようです。山林は、みなそれぞれの思いが込められていることを感じます。ご納得がいくまで検討されることをお願いして電話を切りました。


                      Blog index

                      お知らせ
                      山林担当者より

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      山林活用メールマガジン

                      山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

                      山林情報登録

                      山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM