山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

水資源の外資買収広がる警戒

0
     昨年の年末、田舎の父より久しぶりに連絡が入りました。朝日新聞に森林について面白い(興味深い)記事が掲載されているとの事でした。早速、掲載記事をFAXで送ってきてくれたのですが、忙しさにまぎれて忘れていました。今朝ネットでまた掲載されていたのでご紹介します。以下抜粋
     
     「外国資本の森林買収に危機感が高まる中、水資源保護を目的に土地買収の監視を強める条例を4道県が制定し、9県が検討していることが分かった。ただ、実際に水資源目的の買収を確認した自治体は一つもない・・・。
     日本の企業や不動産が中国資本に次々買収され、国内で中国の経済力への不安が強まる中、森林の地下水も奪われて枯渇するのではないかという危機感が政界やメディアで広がったのは約3年前のことだ。「中国、日本の水源地物色?」「北海道の森林が香港に買われた」などの報道が相次ぎ、2010年には林野庁が外資による森林買収を約30件確認したと発表した。

     北海道が今年3月に全国で初めて条例を成立させ、埼玉、群馬、茨城3県が続いた。いずれも水源地域の土地売買の事前届け出を国内外問わず義務づけ、違反して是正勧告に従わなければ企業や個人名を公表する内容。上田清司・埼玉県知事は「外資による取得に制限がかかる」としている。」

    朝日新聞デジタル 平成25年1月2日(水)9:53配信 田内康介記者

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130102-00000006-asahi-soci&pos=1

     茨城、埼玉、山梨、富山、石川、福井、岐阜、徳島、高知の各県が条例制定の準備中もしくは検討中とのこと。

     確か、新聞記事では、現状、外資による水源の確保というよりは、別荘地としての投資先としての買収との見方が正確で勇み足との面も指摘されていていました。その昔、バブル絶頂期のころアメリカ全土の土地価格を考えると日本の土地を売ってアメリカを全部買収できるなんていうコメントをニュース解説で聞いた記憶が蘇ったのですが、日本も追われる立場になって初めて諸外国の脅威を感じるのだと実感しました。

     山林活用の観点からは、水資源もそうですが、「多面的な価値が山にはある」ということを印象付ける記事であると考えます。日本の国土の2/3を守るという発想は、重要なのではないでしょうか?
     各県で制定された条例が、山林の売買にどのような影響を与えるのかウオッチして参りたいと思います。
    http://info.sanrin-katsuyo.com/?cid=4
     

     

    山林所有者の方からのお問合せ4000haを超えました。

    0
        福岡、山口、広島、兵庫、大阪、徳島、岐阜、長野、山梨、静岡、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、新潟、山形、宮城。 
       本年8月より、山林活用をテーマに定期的に情報発信を開始させて頂き、弊社HPを通じて50名を
      超える山林所有者またはその親族の方からお問合せいただきました。その総面積はなんと、4000ha超です。予想以上の反響でした。0.12haの小規模の方から2000haに迫る大規模な山林所有者まで様々な方々です。山林規模以外にもご相談者の年齢、性別、ご職業も様々ですが、共通している事がありました。

       皆さん、山林を所有する価値を見失われていること、国土の38%を占める私有林(1458万ha)
      http://www.shinrin-ringyou.com/forest_japan/kokuyu_minyu.phpの多くの方がそのような状況に置かれているのではないか・・?そうとも思える今年一年でした。

       しかし、4000haは、そのうちのたった、0.027%に過ぎないのですが、弊社HPにたどり着かれた方々は、まだ山のことが気になっていらっしゃる方かもしれません。

       もっと、桁違いの方々が山のことを忘れてしまってしまっているのではないか?
       
       山の価値は、本当にそのようなものなのか? もっと、山を活用できるのではないか?もっと、抜本的な手を打たないと手遅れなのではないのか?

       正直なところ、お問い合わせて頂いた方々の多くの山が既に、製材用材としては手遅れな山になってしまっている場合が多いのです。また、どうしても、伐採・搬出にコストがかかってしまい、残るべくして残った山も多いのです。

       しかし、低質な木材もエネルギー利用であれば活用できるかも知れません。

       もっと、抜本的に山に、林道を通し、搬出コストを下げ、山林を活用し、また植えつける。もっと抜本的に・・・・。 大胆に、公共事業としてこの部分に投資しれば、国土の大部分が資源として利用することが出来るのではないか?公共事業として通された林道は、将来の山林活用への投資としてまた有効に活用できるのでは・・・。

        このような考えを強く持った一年でした。

       

       

       




      薪ボイラー珍道中 いよいよ来年 訪欧!!

      0
         11月26日 栃木県那珂川町において開催された「木の駅プロジェクト」の勉強会の折http://info.sanrin-katsuyo.com/?eid=48
        地域再生機構の森大顕さんとお話する機会がありました。


        なんでも、小型の薪ボイラーが一般的に普及しているヨーロッパの実態を肌で感じるためにカンパを募りながらその珍道中を配信するとのこと。http://kinoeki.org/uploads/pdf/morinonakama.pdf
        http://kinoeki.org/

        地域で薪としてシンプルに利用する。もっとも効率的なバイオマスの利用法です。その効率をヨーロッパの皆さんはどのように追及しているのか個人的に非常に興味ありです。

        可能であれば、私もまたヨーロッパに行きたい!うらやましい!

        この奇想天外なアイデアと行動力に乞うご期待!!!

        今ある資源(山林)を生かした地域再生を世の中に示すべきではないか!?

        0
           とある、大規模な山林所有者の方と直接お会いする機会がありました。

          なんと、山林の所有面積は1700町歩(ha)。 日本国内のなかでも指折りの山林所有者さまである事に間違いありません。

          これほど貴重な森林資源(資産)を、纏った形で所有されているにも関わらず、この資産から得られる収益は現実的に殆どないとおっしゃられていました。
           
           その根本の原因は、その木材資源を生かすことが出来る安定した出口(需要先)がないという事に尽きます。

           なんと、先人が残してくれたこの森林資源は、
          需要先が無い→維持する費用を捻出できない為に、手入れが行き届かない→放置された森林はますます、低質化する→ますます価値が下がり需要先がますます無くなる 

           このような、負のスパイラルに陥っているのです。現在、この山林は、治山の観点から、いわゆる「森林環境税」を財源になんとか間伐を行い、20年に渡って手が入っていない山がかろうじて維持されているとのことでした。伐採された木材資源は、山の土留めとしての役割しか無いそうです。これが意味することは、需要が創出されない限り、タダでも木材は生かされていないという極めてもったいない状況になっていることを意味します。

           私どもは、この資源を生かす唯一の方法は、ずばりエネルギー利用(現時点では、固定買取制度を利用した発電利用)であるとご提案させて頂きました。本HPにおいては繰返し申しているように、エネルギー利用は、安定した需要を生み出します。国が、20年間、固定して買取れることを保障している訳です。

           このような、先行き不透明な時代に我々が生きていく上では、ほんとに必要なものしか生き残れないと考えます。その一つが圧倒的に不足する電気エネルギーではないでしょうか?

           今ある資源を生かし、雇用を創出しながら地域完結型の社会を構築する。いま、日本で抱えている問題を解決する一つのモデルとして提案すべきなのです。 アラブの為に、あくせく働くのではなく、地元に「金を」落とすのです。

           東京のとあるホテルの喫茶室で熱い議論が行われあっという間に、1時間半が過ぎようとしたとき、次は、その山林で議論の続きを行うことをお約束することが出来ました。

          大規模な森林所有者(300ha以上も)の方からのご相談 増加

          0
             この数週間は、全国各地から大規模な山林所有者の方からのお問い合わせが複数ありました。

            面積も大きく、300ha、60ha、72haなどなど・・・・。ご相談頂いた方々のプライバシーへの配慮もあり地域などは敢えてお伝えいたしませんが、これだけ、大面積を所有されているとするならば、言わば山林のプロの方もいらっしゃいます。そのような、立場の方々から多数ご相談頂く・・・・。

             ホームページ開設当初は想定していない状況です。しかもみなさん、総じて山林を現在所有されていても、持出し(費用が掛かる)ばかりで、メリットを見出せないとおっしゃいます。 先人の努力が結集された貴重な資産が全く、資産としての価値をなくしてしまっている現状を強く感じます。
             
             そのような中、お若い方からコメントを頂きました。

            「これから山林経営は可能なのか?と新しく何かできないかを考えていきたい。
            血縁のいとこと一緒に山で何かをできないか考えております。やるからには収益を生まなければと模索中です。色々と勉強させていただければと思っております」

             非常にうれしく思いました。貴重な山林資産に対して次の世代の方がまずは、興味を持って頂く。そしてお互いに勉強し、身近な資源を有効に活用する活路を見出していく・・・。

             先日、弊社社長が全森連主催の 平成24年度「緑の雇用」現場技能者育成対策事業の
            「フォレストマネージャー研修」の 講師として講義を行いました。

             同じ講師として広島県の(有)安田林業 安田 孝 社長が講師をされていたそうです。http://www.ringyou.net/midoripress2008/vol17/report.html

            林業の担い手が不足する中、社員10名で山林の管理されていらっしゃるとのこと。(有)安田林業は、平成4年の設立。それまでは、お祖父さんの代からの約200haの所有山林を、安田さんが個人で手入されていたそうです。「大学を出てからしばらく吉和の役場に勤めて、その後、自分の家の山林経営をしていました。会社組織にしてからも平成20年までは私一人で仕事をしていました」。そうしているうちに、徐々に近隣の山林を任され、今では約4000haもの山林を管理されていらっしゃるそうです。 

             林業の新しい経営のスタイルに、弊社の社長も関心しておりました。



             

            脱原発 再生エネコスト上乗せ(ドイツ)

            0
              独電気代年間1万円上乗せ
               
              ドイツで、再生可能エネルギー普及の為消費者が負担している賦課金が、来年から約50%引き上げられることになった。大幅値上げに野党は強く反発しており、来年秋の連邦議会選挙に向けて脱原発と再生可能エネルギー普及に伴うコスト増問題が争点になりそう。
               賦課金は、これまで1キロワット当たり3.59セント(約4円)から5.28セント(約5円)に引き上げられる。標準世帯の年間賦課金負担は、125ユーロ(約1万2800円)から185ユーロ(1万8900円)に増加する。

               ドイツの賦課金高騰の背景には、買い取り価格が特に高い太陽光発電の施設整備が進むに従い、電気事業者が買取る費用が膨らんでいることがある。買取総額が2005年に44億ユーロ(約4500億円)だったのが、11年には164億ユーロ(約1兆6700億円)に増大した。ドイツの家庭向け電気料金は現在、日本と比べて約3割以上高い。

               再生可能エネルギーの取り組み先進国のドイツの動向は、日本においても非常に参考になる。脱原発を国民が選択した場合の現実がそこにあるわけだ。 原発事故を経験した我々が、原発依存を脱する選択をした場合、それにかかるコストをどのように評価すべきか。高いと考えるのか安いと考えるのか結論は出ないのかもしれない。これから、どのような社会にしたいか?この時代に生まれた我々が試行錯誤しながら答えを見つけていくしかないのであろう。

              大分、山口、岡山、兵庫、三重、長野、神奈川、茨城、群馬、栃木、福島、岩手など全国の山林売買のお問合せ急増

              0
                 全国の山林所有者の方から、お問い合わせが急増しています。

                しかし、残念ながら、私ども(北関東一円に製材工場を展開する、国産材製材 ?トーセン)が最大限にその資産を評価させて頂いても、山林所有者の皆様の満足いく価格をご提示できることはめったにない。これが現状です。

                 長引く不況と、異常に進む円高により、国際商品である木材の価格はまさにデフレ価格となってしまっており必然的に山林の価格は長らく低迷しているのです。

                http://info.sanrin-katsuyo.com/?eid=33(山林の価格)

                あまりにも木材が安すぎる。我々ですらそう感じます。

                増え続ける貴重な木材資源を何とか生かし、日本の国土の66%を占める山林の価値を適切なものにすることは出来ないか・・・。

                もはや、人口減少が進む日本で木材製品の大幅な増大は見込めない。

                現在の我々の考えはずばり、エネルギー利用です。

                平成24年7月に施行された「再生可能エネルギー固定買取制度」最大限利用することを目的としたバイオマス発電施設の計画が次々発表されています。
                http://info.sanrin-katsuyo.com/?cid=6(全国のバイオマス発電施設計画)

                私ども北関東一円で今後計画を進めます。http://www.tohsen.net/

                山林所有者の立場に立った情報発信サイトとして 山林活用ドットコムを立ち上げました。

                http://sanrin-katsuyo.com/index.html

                ご注目頂ければ幸いです。メールマガジンも是非ご登録を!!


                バイオマス発電と地域振興

                0
                   NHKラジオ の「ラジオあさいちばん」という番組を聞きながら通勤している。番組のなかにビジネス展望というコーナーがあり、先日「バイオマス発電と地域振興」というテーマで、京都大学大学院 経済研究課 の諸富 徹(もろとみ とおる)教授がお話されていた。

                   ドイツでは、再生可能エネルギーのなかでのバイオマス利用の比率は25%におよんでおり、熱利用も行いながら、非常に数多くのバイオマス施設が地域に根付いて地域振興に役立っている点紹介されていた。様々な、課題があるが、発電事業をビジネスとして成立させるノウハウ、資金調達、地域の中での共存関係の確立、林業業界の自立による生産性の向上などが望まれる点お話されていた。

                   日本は国土の67%が森林で覆われている国、未利用の木材資源が活用されるようになれば、林産業が活性化し、雇用が生まれ、エネルギーの自給に貢献し、山林の不動産としての価値が向上するハズ。

                  NHKラジオのホームページに番組の内容を聞くことが出来るコーナーを見つけた。興味のある方は覗いてみられては・・・・。

                  http://www.nhk.or.jp/r-asa/business.html

                  10月17日現在 諸富先生のお話はまだUPされていません。後日登録されると思います。
                                             ↓
                  10月22日現在 UP確認できました。期間は、4週間。視聴可能です。

                  日本の山林は価値を生まない・・?

                  0
                     京都府の方からのお問合せを頂きました。

                    区有林があり、その山林のヒノキ材を活用できないかとのお問合せでした。

                    公民館の建設にせっかくある木材を利用したいとの主旨でした。

                    所有する山林の木材を利用するのだから(原料費はタダなのだから)費用的にも安く済むのではないか?との当然のご質問だとおもいます。

                    しかし、現実は違うとのご返答となりました。
                     
                     円高と不況のあおりで木材製品価格は、売れずに低価格の状況です。木材問屋さんでは、ヒノキの柱材であっても在庫が沢山あるのではないかと想像します。特に、最近はヒノキ材の需要が落ち込んでいるのです。木材製品もデフレ価格なのです。

                     山の木を伐採し、搬出し、製材工場まで運び、乾燥・加工し、建築現場で使う。この一連の工程をその山の為だけで行うと、経費が掛かり過ぎてしまうのです。うらを返せば、それだけ木材製品が安く、運搬費や製造コストの割りに、原料が高く買えないのが今の現状なのです。

                     山に、もっと還元できる仕組みがないと、日本の山林は価値を生まない。改めて考えさせられたご質問でした。

                    ドイツ・オーストリアの風景

                    0

                       ご報告が遅くなってしまったのですが、ドイツ・オーストリアの視察では改めてあちらの景色や、住まいの美しさに(特に田舎街)に感動しました。

                      日本人が観光では行かないような(観光地ではない場所)田舎の町並みや、家々が本当に美しかった。窓には花が飾られ、整理が行き届いたたたずまいでした。(それが、見る家見る家一軒も例外なく)
                       自分達の生活にプライドをもち、質素だけれども本質的な意味で豊かな暮らしをしている。長引く不況で暗いニュースばかりの日本にないものを感じました。いったい、この本質はなんなのでしょうか?





                      ドイツの住宅














                      偶然昼食をとることになった古い集落は、まるで街全体がディズニーランドの町並みそのものでした。しかも、それはこれからイベントがあるわけでもないのに美しく飾られていました。
                      フィルソーフェン





                      彼らは、自分たちの生活スタイルを誇りに思い、質素ではあるが生活をエンジョイしている。
                      ベーゲンスプルグ ドナウ川








                      ドナウ川と町並み



                      アルプス





                      ヨーロッパアルプス

                      レンゲンフェルド






                      三ツ星ホテル  一泊一人約120ユーロ 

















                      Blog index

                      お知らせ
                      山林担当者より

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      categories

                      selected entries

                      山林活用メールマガジン

                      山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

                      山林情報登録

                      山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM