山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

移動時間17時間 いよいよバイオマス本場 ドイツへ

0
    エーデルワイス航空hotel-schiller成田を出発してトランジットを含めて17時間、ヨーロッパと日本の時差7時間。一日31時間今日は長かった・・・。 

    旅費7万円を節約するため、スイスエーデルワイス航空を利用し、スイス チューリッヒ経由でようやくドイツ ミュンヘンに到着しました(往復約17万円 この時期としては安い)。 いよいよ明日から、バイオマス利用の最前線を視察して来ます。

    本日のお宿は、ミュンヘンから北へ50KM離れた とある村 ☆☆☆レストランwww.hotel-schiller.de   小さいけれど誰もが想像するようなおしゃれなホテルです。

    今日は、ここまで これから爆睡 して明日に備えます。

    原木相場が乱高下!?

    0
       原木が全国で乱高下しているようです。
      「ものの値段は、需要と供給のバランスで決まる」これは、いくらスーパーコンピューターが発達しても、決して変わらないし、完全に予測することは不可能だと思います。半導体を生産する最新鋭の工場を持つ会社が倒産してしまう。← まさに、象徴的な出来事です。

      事の発端は、国の施策で国産木材の利用率を飛躍的に高めることを目的に導入された補助金政策が原因との見方が多いようです。供給が瞬間的に需要を上回ってしまったのです。 業界では、林野庁に陳情に行ったとか・・・。

      せっかく貴重な税金投入し、利用されるまであと一歩のところまで来たのに、これを利用できないことは極めて残念でなりません。やはり、出口と入り口 これが大事なのでしょう。

       山林活用.comでは、せっかく準備された補助金をどうやったら本当の意味で生かせるのか?今後じっくり検討して参ります。

      山林活用?

      0
        日本の国土の3分の2が、森林でその約4割が人工林であると様々な資料が示しています。
        単純に国土の4分の1強の面積(1036万ha)が、人の手で植林された計算になるのです。
        私事ですが、過去に山仕事をした経験があり、実際に植林も10haほど体験しました。狭い国、日本と言われますが、過去の先輩方はこの100万倍の面積の植林を行ったことになるのです。先人のとてつもないエネルギーの凄さに身をもって驚愕した思い出がいまでも鮮明です。

        世界経済の影響、円高など様々な大きなうねりの中で、せっかくある、国の木材資源が十分生かされていないと言われます。国産材を安定して生かすことが出来れば、国土の多くが、資産として見直せるのではないか、山国日本の再生の一助になるのではないか。

        私どもは、山林活用をキーワードに 様々な視点から せっかくある資源を、先輩たちが残してくれた資源(資産)を生かすことが出来ないか、皆さんと共に考えて参ります。

        間伐の補助金について

        0
           間伐の補助金は、一般の方には分かりにくいものです。それは、補助事業が行政(国、県、市町村)が行う事業であることから、どうしても種々の書類提出が必須であることに加えて、その性質上、年度末に近づくと予算に限りがあるため、場合によっては制度はあっても実行できない場合があるからだと思います。たとへば、エコカー補助金などは、大手自動車メーカー、販売店がその効果が大きいためある程度リスクをもって、場合によっては、補助金保障などをアピールしながらそれを貪欲に活用しています。しかし、林業の補助金の要となる森林組合様は、直接自分の商品を売るわけではないので、どうしても補助金がある範囲で無難に仕事をせざるを得ない仕組みになっているのだと思います。だから、林業に関わる補助制度のアピールは、いつも何かはっきりしないのです。なんとなく、「制度は準備していますよ!皆さん」で終わってしまう。せっかくある補助制度(全部税金です)、どうやったら次につながる活用が出来るのか?問題意識を持って取り組んで参りたいと思います。
           インターネットを検索すると良い資料を見つけることができました。よく纏まっていて分かりやすい資料です。興味がある方は、全国林業改良普及協会よりお取り寄せされることをお勧めします。http://www.ringyou.or.jp/

          パンフレット






          栃木県の山林(23ha)のお問合せ

          0
             栃木県の山林(23ha)のお問合せ頂きました。
             不動産業の方からのお問合せで、その森林の価値についてのお問い合わせが主な内容でした。やはり、森林簿、森林計画図などの情報もなく、当初43haでの山林との事でしたが、23haが正確な面積でした。また、県と立木管理委託契約を結んでおり20年間は、立木の伐採が出来ない契約であることが判明しました。やはり、不動産のプロの方でも山林となるとまた、別の知識・情報が必要である点、ご担当の方がおっしゃっていることが印象的でした。

            神奈川県の山林(236ha)のお問合せ

            0
               神奈川県の山林(236ha)のお問合せ頂きました。
               ある企業様が所有する山林についてのお問合せで売却が目的との事でした。森林簿、森林計画図、その他の情報を管理されていらっしゃいました。しかし、担当者の方にも同行頂き、現況を確認したところ、森林簿にあるスギは、既に雑木しかなく、時間と共に、書類との違いが発生していることが判明致しました。
               このような事例は、山林が資産との意識が希薄になっている現状では決して珍しいことではありません。やはり、自然の資源であるため、時間と共に変化する訳です。お問合せの企業様は、有名な金融業の企業様でしたが、適切に管理されると、自然に2%成長する点をお話しすると非常に関心を持たれているのが印象的でした。雑木山についても、今後は資産価値が生まれる可能性がある点もご関心頂きました。

              栃木県の山林(12ha)のお問合せ

              0
                 栃木県の山林(12ha)のお問合せ頂きました。
                ある、企業様が所有する山林の資産管理ご担当者様からのお問い合わせでした。森林簿、森林計画図等種々の資料をお持ちでしたのでスムーズに山林の内容を確認することが出来ました。確認の結果、約4割の山林がスギ・ヒノキで残りの6割が雑木の山であることが分かりました。雑木山の比率が高く、弊社での購入は直接行えないことをお伝えしましたが、今後は、雑木の山も価値が生まれる可能性があることや、残りのスギ・ヒノキの山も比較的手入れがなされていたので、今後とも計画的に間伐などの収入を得ながら手入れなさることをお勧めいたしました。担当者の方は、企業が山林を持つ意味を少し見出すことが出来たとおっしゃられたことが印象的でした。名の知れた企業様でしたので、今後はCSRの一環として山林の所有を強調されることもお勧めいたしました。

                秋田県の山林(面積不明)のお問合せ

                0
                   秋田県の山林所有のお問合せありました。
                  樹種は、スギ 林齢は60〜70年生とのことでした。弊社では、秋田県の工場は無いため、地元の製材会社様をご紹介させて頂きました。今後は、遠隔地のお問合せにつきましては、なるべくご紹介できるよう連携を強めて参りたいと考えています。

                  群馬県の山林(70ha)のお問合せ

                  0
                     群馬県の山林所有者の方からお問合せ頂きました。
                    所有されている山林は、70ha以上あり、まとまった面積をお父様が所有されていらっしゃいました。残念ながら、山林のほとんどが林業公社との契約林となっていることが判明し、直接お取引することは出来ませんでした。
                     林業公社の行ってきた分収育林事業は、材価低迷でその収益が確保できず存続が困難と聞いています。しかし、これだけまとまった森林が価値を生まないとすればそれは何かが間違っていると感じざるを得ないません。

                    新潟県の山林(90ha以上)のお問合せ

                    0
                       新潟県の山林所有者の方からのお問合せがありました。
                      所有者が3世代にわたり4名で約90ha以上の山をお持ちの方からのご相談でした。弊社もお手伝いし、地元の森林組合さまにもご相談頂いたのですが、残念ながら生育している木の林齢がまだ若いこと、森林経営計画の認定は困難とのことでした。海に近い山林は、雑木、赤松などが多く材を高く評価することが現状ではできない旨ご説明しましたが、将来は評価できる可能性もあることをお伝えし,山林のご登録頂きました。



                      Blog index

                      お知らせ
                      山林担当者より

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      山林活用メールマガジン

                      山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

                      山林情報登録

                      山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM