山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

兵庫県の山林(13ha、82ha)のお問合せ

0
     兵庫県の山林 2件のお問合せがありました。

    13ha,82haの合計95haの雑木の山林でした。所有者の方は、不動産業、個人の方でした。

    残念ながら現在の弊社では、遠方であること、スギ・ヒノキの山林でないことから評価できない旨、せっかくお問合せいただいた方に説明するのみとなってしまいました。

     しかし、50年前であれば状況は違っていたかしれません。いわゆる薪炭業がまだ残っていた当時は、切ってもまた芽が生える雑木の性質を利用し、なら、クヌギなどの雑木を直接燃料や炭として活用していた訳です。すなわち、自分たちのすぐ近くでエネルギーとして利用していた訳です。

     合計95haにもおよぶ雑木を適切に利用すれば、太陽エネルギーを吸収し自然に成長するエネルギー供給エリアとして考えることができるのではないでしょうか?全体で 何MJとふと興味がわいてしまいます。
     まだ、固定買取制度は始まったばかり、兵庫県にはまだバイオマス利用発電所の計画はないようですが、今後とも情報提供をお約束してメールを返信致しました。エリアごとに情報共有すれば資源としてまとまり、安定供給をする上では貴重なネットワークになるのではないか・・・。

     お断りのメールにも関わらず、ご丁寧なお礼のメールを頂きました。このようなつながりがネットワークの第一歩なのかなと考えたりしました。
     
     

    北関東の山林(約6ha)のお問合せ

    0
       とあるダムの上流部の山林を所有する方からのお問合せを頂きました。

       約60年ほど前、ダム建設の際に営林署の払い下げで山を購入さたそうです。山林には、電力会社の鉄塔が立っており、毎年数十万円の線下保障がでるとのことでした。
       
       現況を確認したところ、ダム建設の際林道を設営し沿道のり面が、15〜2mのコンクリートで保護されており一般道から山林への侵入路が確保できない状況でした。実は、当時その場所は、数名の共有で購入し、分けられたそうですが、鉄塔の立っていない山林は全く収益を生まず、その方は行政への寄付を検討されたそうです。しかし、固定資産税がかかるため、なんと行政からも断られたとの事でした。

       この度の山林は、線下保障がある為現状維持という結果となりました。このように、山の価値は、伐採した木材を搬出する場合の「しやすさ」が大きく山林の価値を左右する事例でした。

      北関東の山林16haのお問合せ

      0
         この度のお問い合わせは、ある都市銀行の担当の方を通してのご相談でした。

        東京在住のかたが、北関東に所有されている山林16haの売却をご検討されているとのご相談でした。森林簿、森林計画図をお持ちで、なおかつ森林組合にも所属されていらっしいました。16haのうち、約9.5haが50年生以上のスギ・ヒノキとのことでした。実は、弊社でもこの森林組合の組合員である(同じ管内に山林を所有している)ことも判明いたしました。
          
        山林を売買するうえで、同じ組合員同士の売買は、税法上の優遇措置があると聞いております。山林経営の規模を大きくし集約化することが国の方針で定められているからです。この点については、別の機会で正確な情報をお出ししたいと考えています。

         
         このように、さまざまな資産を運用するうえで、銀行が窓口になるケースが今後は増えることもあると思います。そのような方々への情報提供も今後検討して参りたいと考えています。

        北関東の山林16haのお問合せ

        0
           この度のお問い合わせは、ある都市銀行の担当の方を通してのご相談でした。

          東京在住のかたが、北関東に所有されている山林16haの売却をご検討されているとのご相談でした。森林簿、森林計画図をお持ちで、なおかつ森林組合にも所属されていらっしいました。16haのうち、約9.5haが50年生以上のスギ・ヒノキとのことでした。実は、弊社でもこの森林組合の組合員である(同じ管内に山林を所有している)ことも判明いたしました。
            
          山林を売買するうえで、同じ組合員同士の売買は、税法上の優遇措置があると聞いております。山林経営の規模を大きくし集約化することが国の方針で定められているからです。この点については、別の機会で正確な情報をお出ししたいと考えています。

           
           このように、さまざまな資産を運用するうえで、銀行が窓口になるケースが今後は増えることもあると思います。そのような方々への情報提供も今後検討して参りたいと考えています。

          栃木県の山林(23ha)のお問合せ

          0
             栃木県の山林(23ha)のお問合せ頂きました。
             不動産業の方からのお問合せで、その森林の価値についてのお問い合わせが主な内容でした。やはり、森林簿、森林計画図などの情報もなく、当初43haでの山林との事でしたが、23haが正確な面積でした。また、県と立木管理委託契約を結んでおり20年間は、立木の伐採が出来ない契約であることが判明しました。やはり、不動産のプロの方でも山林となるとまた、別の知識・情報が必要である点、ご担当の方がおっしゃっていることが印象的でした。

            神奈川県の山林(236ha)のお問合せ

            0
               神奈川県の山林(236ha)のお問合せ頂きました。
               ある企業様が所有する山林についてのお問合せで売却が目的との事でした。森林簿、森林計画図、その他の情報を管理されていらっしゃいました。しかし、担当者の方にも同行頂き、現況を確認したところ、森林簿にあるスギは、既に雑木しかなく、時間と共に、書類との違いが発生していることが判明致しました。
               このような事例は、山林が資産との意識が希薄になっている現状では決して珍しいことではありません。やはり、自然の資源であるため、時間と共に変化する訳です。お問合せの企業様は、有名な金融業の企業様でしたが、適切に管理されると、自然に2%成長する点をお話しすると非常に関心を持たれているのが印象的でした。雑木山についても、今後は資産価値が生まれる可能性がある点もご関心頂きました。

              栃木県の山林(12ha)のお問合せ

              0
                 栃木県の山林(12ha)のお問合せ頂きました。
                ある、企業様が所有する山林の資産管理ご担当者様からのお問い合わせでした。森林簿、森林計画図等種々の資料をお持ちでしたのでスムーズに山林の内容を確認することが出来ました。確認の結果、約4割の山林がスギ・ヒノキで残りの6割が雑木の山であることが分かりました。雑木山の比率が高く、弊社での購入は直接行えないことをお伝えしましたが、今後は、雑木の山も価値が生まれる可能性があることや、残りのスギ・ヒノキの山も比較的手入れがなされていたので、今後とも計画的に間伐などの収入を得ながら手入れなさることをお勧めいたしました。担当者の方は、企業が山林を持つ意味を少し見出すことが出来たとおっしゃられたことが印象的でした。名の知れた企業様でしたので、今後はCSRの一環として山林の所有を強調されることもお勧めいたしました。

                秋田県の山林(面積不明)のお問合せ

                0
                   秋田県の山林所有のお問合せありました。
                  樹種は、スギ 林齢は60〜70年生とのことでした。弊社では、秋田県の工場は無いため、地元の製材会社様をご紹介させて頂きました。今後は、遠隔地のお問合せにつきましては、なるべくご紹介できるよう連携を強めて参りたいと考えています。

                  群馬県の山林(70ha)のお問合せ

                  0
                     群馬県の山林所有者の方からお問合せ頂きました。
                    所有されている山林は、70ha以上あり、まとまった面積をお父様が所有されていらっしゃいました。残念ながら、山林のほとんどが林業公社との契約林となっていることが判明し、直接お取引することは出来ませんでした。
                     林業公社の行ってきた分収育林事業は、材価低迷でその収益が確保できず存続が困難と聞いています。しかし、これだけまとまった森林が価値を生まないとすればそれは何かが間違っていると感じざるを得ないません。

                    新潟県の山林(90ha以上)のお問合せ

                    0
                       新潟県の山林所有者の方からのお問合せがありました。
                      所有者が3世代にわたり4名で約90ha以上の山をお持ちの方からのご相談でした。弊社もお手伝いし、地元の森林組合さまにもご相談頂いたのですが、残念ながら生育している木の林齢がまだ若いこと、森林経営計画の認定は困難とのことでした。海に近い山林は、雑木、赤松などが多く材を高く評価することが現状ではできない旨ご説明しましたが、将来は評価できる可能性もあることをお伝えし,山林のご登録頂きました。



                      Blog index

                      お知らせ
                      山林担当者より

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      山林活用メールマガジン

                      山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

                      山林情報登録

                      山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM