山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

福岡市の分収育林 100億円の赤字

0
     福岡市が1977年から行ってきた木材の売却益を分け合う分収林事業が、材価低迷の影響で、現時点で約100億円の赤字の見通しとのこと。      読売新聞 九州版 2013年2月15日

    この記事から現在の木材(山林)の状況を整理したいと思います。

    <ポイント>
    ○森林所有者は約1350名 
    ○森林面積1070ha  ヒノキ845ha  スギ220ha
    ○材価は事業開始直後1980年をピークに1/3に
    ○分収の内容(販売額から伐採搬出費用を除いた売却益の6割が市、4割が所有者)
    ○全て木材を処分しても売却益は約10億円。
    ○約40年間の経費 植林代、管理費を合計すると約140億円
    ○補助金を除いても約100億円の赤字

    <この記事から大雑把に計算すると>
    ○40年間に市がかけた経費は、1308万円/ha
    ○ヒノキ845ha×250m3/ha×15000円/m3=約31億7000万
    ○スギ 220ha×300m3/ha×10000円/m3=約6億6000万
    ○合計                     木代金 38億3000万
    ○伐採搬出経費  38億3000万円−約10億円=約28億円
    ○材積当りの伐採搬出経費  28億円/277250m3=10100円/m3
    ○木材売却益は、93万円/ha

    <総括>
    全国の分収育林は、その多くが元本割れをおこし、経営的に成り立たなく
    なっているのが実情です。この事例のように、40年間で1300万円/ha以上
    の経費をかけているとのこと。材価が現状の4.5倍でなければ採算が
    会わないという経費は、多すぎることを考慮しても、日本の
    山林の多くがこのような状況になっているのだと想像します。

     分収育林のような、まとまった山をなんとか生かすことが出来ないか、
    いつも考えさせられるテーマです。

    王子HD バイオマス発電市場普及への呼び水

    0
       2013年02月13日 EconomicNews 発信

      バイオマス発電市場、王子HDの投資は普及への呼び水となるか

      という記事が掲載されました。勝手ながら要約・解釈すると・・・。

      80%ものエネルギーを海外に依存する日本社会、再生可能エネルギーの認知度は高まっているものの、太陽光発電ばかりが普及し、バイオマス由来電力市場は思うように普及していない。

           2010年度     394.7MWh  211億円
       
             2015年度(予想) 418.0MWh  228億円  108.1% とほぼ横ばい

        こうした中、王子HD<3861>の100%子会社の王子グリーンリースが宮崎で発電事業に85億円を投資すると発表した。発電規模は、25,000KWで売り上げは、年間約40億円で現在のバイオマス発電の規模からすると大規模な投資と言える。

       未利用な廃棄物を燃料とするバイオマス発電は、地域に分散する資源を活用することで持続的な発展が可能であるし、1つの過大に偏在した発電方法に依存することへのリスクヘッジとなることは、先の震災でだれもが実感したことでありメリットがある。スマートグリッドが本格導入されればその有用性は増すのでないか。

      山林活用ドットコムで注目している、バイオマス発電施設は、その計画を実行する上で、解決すべき課題があります。

       
       1つは燃料の安定供給、もう一つは水です。それらの条件をクリアーすることは容易でないのかもしれません。規模も大きく、既に燃料の安定供給ルートをもっている。製紙業界は、そういった意味で非常に有利なのかもしれません。紙の需要が減少している現在、新たな原料チップの需要先としてエネルギー利用に投資することは当初から想定されていたことでしょう。


      どこがだめなのか日本のエネルギー

      0
         どこがダメなのか日本のエネルギーという面白い記事を発見しました。http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/25/news013.html


        ドイツの固定買取制度と電気料金の関係(買取制度だけで価格が上昇していない)や、地域分散型バイオマスエネルギー利用には熱利用への構造的変換(イノベーション)が必要との意見具体的な数字があり私の素朴な疑問http://info.sanrin-katsuyo.com/?eid=16に答えるものでした。興味あるかたはどうぞご参考になさってください。

        小寺信良(こでら のぶよし)氏

        映像系エンジニア/アナリスト。テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、CGアーティストとして独立。そのユニークな文章と鋭いツッコミが人気を博し、さまざまな媒体で執筆活動を行っている。

        Twitterアカウントは@Nob_Kodera


        NHK ラジオあさいちばん ビジネス展望「ドイツの再生可能エネルギービジネス」

        0
          京都大学大学院 経済研究課の諸富 徹(もろとみ とおる)教授が、ドイツの再生可能エネルギービジネスについてお話された。以前、当HPブログでも先生のバイオマスと地域振興というテーマを取り上げご紹介した。
          http://info.sanrin-katsuyo.com/?eid=37

           今回のお話で最も注目すべきは、再生可能エネルギーの投資の主役が巨大資本ではなく、個人がその主役を担っているという点である。その理由は、1つが再エネは小規模地域分散型であるので、規模のメリットが生かせず大企業にとっては旨みが少ない、2つめ(これが重要)は、地域中心主義という考え方があって、地域のあらゆる資源を自分たちで生かし自分たちに還元して自立して行くという強い信念があるためだ。(簡単に言うと、地元の資源を大資本に委ねてその利益をみすみす奪われる位なら、自分たちでやってしまえということ。自立)
           ドイツにおいては、電気エネルギーの25%がすでに、再生可能エネルギー由来でありそのうち実に40%が個人からの投資で成り立っているとのことである。(個人が4割、農林業者・中小企業・銀行が各10%づつ、個人事業家が15%)

           興味深いことに、個人の投資はバラバラに行っているのではなく、地域のエネルギー組合なる組織を形成して投資している。組合員は数十人から数百人からなり、出資比率に関係なく1人1票の権限をもち民主的な運営がなされているとのこと。個人々々が、ただ、運用のプロと言われる人(組織)に(どこで何がおきているのかもわからないものに)任せて配当のみを要求するのではなく、事業の運営そのものに積極的に関与していることも特徴のようである。一見きれいごとのように見えるが、地理的、歴史的に自立、自衛の必要性に迫られてきた彼らの合理的な判断なのかもしれない。
           欧州で見た、本当の意味で豊かな暮らし振りの根源は、この自立した自信から生まれてくるのかもしれない。http://info.sanrin-katsuyo.com/?eid=26

           話は、少し変わるが、丹羽先生率いる「木の駅プロジェクト」http://kinoeki.org/で有名なNPO法人地域再生機構理事の森大顕氏がヨーロッパの薪ボイラーを導入しようと奮闘されプロジェクト初期目標を達成された。木材燃料チップの流通インフラがない日本で、薪のままエネルギー利用できれば、活用のハードルが一気に下がるとの思いだと推察する。欧州からのレポートは詳細にわたり非常に興味深い。ドイツの事例の良いところと、悪いところを参考にしながら日本版地域中心主義が根づくことを興味深くウオッチして行きたい。
          https://readyfor.jp/projects/maki-bo

           

          島根県で木質バイオマス研修会

          0
             原木の供給体制はトップ級

            島根県内の素材の生産者や流通業者で組織する島根県素材流通協同組合(素流協 篠原憲理事る長)による、中国電力の三隅発電所(島根県浜田市)への木質チップ供給開始2周年を記念した研修会が15日、浜田市で開催された。研修会は「今後のバイオマスの活用と地域の活力回復を考える」をテーマにバイオマスに関心のある関係者等150人が参加した。

             素流協が加入する全国素材生産協同組合の中村勝信専務理事が「原木の安定供給に向けた島根県の体制作りは全国トップレベル。県の支援体制や素材生産者の団結、需給者間の協定締結とその確実な履行について林野庁が高く評価している。」とコメント。素流協が木質バイオマス供給業者に認定されたことに触れ、木質バイオマスの証明は合法木材と同様、証明の連鎖が必要であると説いた。東京大学大学院の吉田美佳氏は「木質バイオマス利用に向けたチッピングシステム」と題して欧州の先進事例を挙げ、日本の森林事情に合った小型チッパーの導入で小規模分散型のシステムが構築できると話した。そのほか、5000KW級のバイオマス発電により40〜50人の雇用が創出され、1haの杉林で森林所有者の収入は60万〜70万円。森林バイオマスを利用すれば約1割、7万〜15万円が上乗せできるとのお話、酒井秀夫東京大学教授は、架線集材の技術を生かした全木集材技術などのイノベーションの必要性等を唱えた。肥後健輔林野庁整備課長は、欧州と日本の木材自給率の差について「林道の未整備が原因」として10トン車が通れる林業専用道を自治体が中心となって作ることを提唱。 (日刊木材新聞 平成25年1月29日付け)

             安定した需要を背景に様々な地域雇用とさらなる投資が可能となる。再生可能エネルギー固定買取制度が生み出す効果です。しかし、あくまでもこれは、国民に広く負担して頂く補助制度です。これらの制度を本当の意味で活用し、生かされていない山林資源にメスを入れていくきっかけとすることが極めて重要ではないでしょうか。思い切った林道を入れていくこの意見に大賛成です。

            新米薪ボイラーバイヤー珍道中日記 配信中

            0
              新米薪ボイラーバイヤーこと 森大顕さんの訪欧日記スタートしてますよ!!

              早速詳しいレポートを日々配信していらっしゃいます。
              専門的でかつ具体的な数字を把握された上でのレポートから訪問地から感じたインスピレーションまで森さんの率直な体験談満載。

              バイオマス先進地の生レポート こうご期待!!

              http://kinoeki.org/

              バイナリー発電について

              0

                バイオマスについていろいろ勉強をすすめていくとバイナリー発電というキーワードにたどり着きました。

                発電効率を考えると、小規模発電では、エネルギーの利用効率はバイオマスの持っているエネルギーの20%そこそこが限界です。

                安定した熱利用の需要がある、というのが大前提ですが、バイナリー発電利用が可能であれば、熱利用のついでに、未利用の低温度の熱エネルギーをさらに利用することができる。これによって、トータルのエネルギー利用率が向上するはずです。

                すでに、製品化していることをいまさら知った次第ですが、さらに勉強したいと思います。

                神戸製鋼さま のHPで発見しました。
                http://www.kobelco.co.jp/machinery/products/rotation/microbinary/


                木質ペレットを金沢産ブランドに  石川県

                0
                   石川県 金沢市において、環境にやさしいエネルギー「木質ペレット」を金沢産ブランドとして広く普及を図る報告書が18日、市長に提出された。

                   金沢市では、市の6割をしめる森林を利用し、エネルギーの地産地消を実現するために「木質ペレット」の活用に積極的に取り組んでいるとのこと。また、市ではペレットストーブの購入に対して補助のあり方を検討する一方、来年度は広葉樹を使ったペレットの試作にも取り組む。
                                                                                                                (1/18 テレビ金沢)

                   石川県は、木質バイオマスに対する関心が高い地域だと感じています。昨年は、当HPをご覧の頂いた同県の方から竹などを利用した小型の木質バイオマスの優位性についてお電話にて熱く議論させていただきました。

                   エネルギーの地産地消が、コスト的に合い、ビジネスとして成立することが可能であればそこに燃料供給という安定した市場が生まれます。いまある山林という資源を背景に、これで生計が維持できれば雇用が生まれ、いろいろな歯車が動き出すのではないでしょうか? 紛れもなくそこにある資源をベースに据え、そこからスタートする。その資源をさまざまなアイデアで究極まで生かすことができれば無限に枯れない油田がそこに生まれるのかもしれません。

                  林業者の担い手育成 茨城県 大子町青年林研グループ主催 間伐実習

                  0
                     茨城新聞 2013年1月19日(土)付け

                    林業者の卵、間伐体験 大子清流高校(野内俊明校長)、演習林で55名が実習されたとの記事を拝見しました。

                    林業の担い手育成を目的に、大子町青年林研グループ(松浦伸章会長)主催で地元の県立大子清流高校の森林科学科1年から3年生の生徒たちが参加し、実際にチェーンソーを使った伐採や間伐作業を体験したとのこと。
                     
                     高校の名前もすばらしいのですが、55名もの地元の若い生徒たちが参加して地元の資源を生かす実習を行うことの意味は、先行きの見通せないこの時代に、ますます重要性をましているのではないでしょうか。いま、日本に欠けている部分がここに凝縮していると思えてならないのです。

                     
                     同林研グループは1976年から林業改善や、間伐推進、後継者育成などを目的に活動されているとのことです。

                     私ども情報では、茨城県においてもバイオマス発電施設等の計画があるようです。今後、茨城の森林資源が見直される時期が近いのではないでしょうか?

                                                        ますますのご活躍期待しております。

                    山林活用の可能性(林野庁 新年のご挨拶)

                    0
                       毎年恒例ですが、国産材協会メンバーとしての林野庁へ新年のご挨拶に同行させて頂ました。

                      新政権に替わり、正月休み返上で大型の補正予算に対応に追われているところでの訪問でしたが、
                      皆様の心強いお言葉に元気付けられ、新年にふさわしいスタートを切ることができました。

                      林野庁 末松広行 林政部長からは、
                      「新政権発足にともなって大型の補正予算が組まれている。この貴重な財源を将来の活力ある林業に向けて是非生かさなくてはならない。是非皆さんのご意見を伺いたい」との力強いお言葉を頂きました。

                      また、ある部署では、これからの森林資源の活用について熱い議論となりました。
                      (いつも、急な訪問にも関わらず昼食の時間も超越して議論の場となります。)

                      林野庁討論








                      論点は以下のとおり、

                      \渋ざ箸箸靴討領啅箸了訶世必要

                       マーケットを見据えた、原料の生産と供給、原料を背景とした製造(製材・加工)

                       林業は、植林からスタートすると非常に長いスパン(数十年)のサイクルである。日本林業は、あまりにも早い時代の変化に追随できずその価値を見失ってしまった。林業全体を製造業という視点で再度見直す必要がある。

                      ¬攤爛沺璽吋奪箸諒儔

                       例えば、この20年くらいで、原木価格においても良質材といわれる価格が大幅に下落している。理由は簡単で、いわゆる高品質(目視上等)の木材の市場がなくなり、大部分が並材の市場となっている。
                      客観的に見れば市場は、コストの安い木材を望んでいる。

                      今後の木材需要

                       人口が減る→ 需要も減る
                       
                       需要を維持する為には、新規の分野への木材利用を検討するしかない

                      の啅箸虜得

                       長伐期施業・間伐施業だけでは限界。国際商品である木材利用を促す為には、コスト競争力をつけるしかない。 将来的には、大胆な低コストな間伐システムを構築すると同時に、主伐を検討すべき

                       低コスト林業のポイント

                       大胆な間伐、路網整備、育林費の削減(林業経営コストの8割を占める!!)

                       キーワード  優良品種、コンテナ苗、伐採・造林同時作業、疎植林、短伐期

                       経営なのだから、コストを下げ、回転率を上げる発想が必要である!!

                      イ気い瓦

                        諸外国では、林業投資管理会社(TIMO)や不動産投資信託会社(REIT)などが森林を所有・管理し自然に成長する山林資源をどのように運用して高い収益を得るのかという時代になっている。

                       また、それらの実績を受けて、機関投資家がリスク分散の手段として林地へ投資しポートフォリオを形成している。そのためにも、日本においても製造業として林業が進化する必要がある。

                      他の産業に学びながら、林業の可能性をもっと柔軟に発想すべき!! まだまだ、林業は可能性を秘めている。

                      一例 
                        コウヨウザン(広葉杉) 学名Cunninghamia lanceolata 
                      http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/tatuta/jumoku/kmt38.htm

                        中国南部原産で、萌芽力が強く、病虫害が少なく、成長量が早く、木理が通直、強度が強く
                        加工が容易。

                        まさに、夢のような樹種です。(30年生前後で胸高40cm、樹高20数メーター)

                      林業には、まだまだ可能性があり、やらねばならないことは、それこそ山のようにある!!

                      念頭から多くのパワーを頂いた訪問となりました。




                      コウヨウザン







                      林野庁の皆様、貴重な時間ありがとうございました。








                      Blog index

                      お知らせ
                      山林担当者より

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      categories

                      selected entries

                      山林活用メールマガジン

                      山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

                      山林情報登録

                      山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM