山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

「グリーン発電大分」 大分県日田市にバイオマス発電完工

0
    毎日新聞 2013年11月09日付け 大分 地方版 全国で山林の未利用材を燃料として活用するバイオマス発電施設「グリーン発電大分」(5700KW)が大分県日田市天瀬町に11月8日完成した。未利用材専焼の発電施設としては「グリーン発電会津」に次いで2例目となる。  森林整備や雇用増大にも一役買うことが期待されており、森山社長は、FITを利用し未利用材に付加価値を付け、日田モデルとなるようにしたいと、意気込みを語った。  「グリーン発電大分は、半径50キロ圏から集めた未利用材が中心で、製材くずなども一部利用する。専用の破砕機で縦横5センチ以下のチップにし、乾燥させてボイラーで燃焼。蒸気でタービンを回して発電する。発電規模は5700キロワット。所内使用分を除いた5000キロワットを、固定価格買い取り制度(FIT)で売電する。総事業費は約21億円で、県から約8億円の補助を受ける。年間売り上げは10億円を見込む。」

    九州の原木 輸出活況

    0
      産経ニュース 2013年10月9日付け 九州の原木(主に低質材)の輸出が伸びている。 産経ニュースに、「全国の8割丸太特需に沸く九州 対中輸出好調」との記事が掲載されたいました。 中国や台湾で木材不足が表面化していることに加え、アベノミクスによる円安効果も後押ししている格好。 輸出量の8割を占める九州は、広い森林面積とロケーションを背景に輸出を伸ばしている。 大分県内でH21年設立された「すぎ丸太等海外輸出促進協議会」の事務局によると「引き合いがひっきりなしで、注文に間に合わない」とのこと。大分、佐伯両港から輸出される丸太の量は、昨年7834m3であったが、今年は、7月までにすでに12600m3に達するという。今後は、大分県としてもさらに付加価値のつく木材加工製品の輸出にも力を入れるとのこと。  長年低迷が続いた木材産業に新たな兆し。人口減少が続く国内市場は、長期的には減少は避けれない。圧倒的な人口を抱える中国の市場に対して、日本の森林資源が見直される時期が来ても不思議ではないのかもしれまん。

      所有している山林を活用する(先人の苦労を無にしないために)

      0
        最近の山林所有者の方のお問い合わせに変化が現れています。

        これまでは、山林活用ドットコム通じて山林登録を頂くほとんどが、山林を売却したい方からのご登録でした。しかし、最近、山林の経営を継続したい方からのお問い合わせが増加しています。

         関東のある山林所有者の方から山林のご登録を頂くとともに、次のようなコメントを添えて頂きました。

        「昨年、担当者の方にご来足願い、主要な所有林を見ていただきました。ありがとうございました。
        今年度、国・県の事業を導入し近々、森林組合の手によってスギ・ヒノキ林の大間伐に入ります。発展のチャンスにしたいと思っていますが、お知恵を下さい。山林活用ドットコムは、勇気を与えてくれます。・・・」

        こちらの方は、80haの山林を所有される方のコメントです。 山林の買取もさることながら、山林をこれからも活用したいとおっしゃって頂くことが、何よりの励みとなります。

         また、別の方からは、メールマガジンのご登録と共にコメント頂きました。

        「当方は、1000haの共有林の管理の事務局をしています。私有の山林(数町歩)のオーナーでもあります。先人の苦労を無にしないためにも、継続的な山林活用を探っています。」

         思わずガッツポーズです。まさに、この思いなのではないでしょうか?先人達が投入したエネルギーはすざまじいものがあると思います。そのエネルギープラス、太陽エネルギーを備蓄している森林資源を継続的に活用しない手はありません。現実は、簡単なことではないかも知れませんが、あと少しのところまで来ている気がしてなりません。皆様とともに考えて参りたいと思います。

        群馬県「あがつま森林育成事業協同組合」 チップ工場建設計画

        0
          読売新聞 (ヨミウリオンライン)より抜粋参照 平成25年8月29日 付け

          群馬県には、オリックスグループの吾妻木質バイオマス発電所がすでに運転中です。再生可能エネルギー固定買取制度を利用した発電施設は、安定した需要が生まれます。完成すれば発電所から約8キロ辰竜離にとなるチップ工場が計画されています。記事によると、吾妻郡内を中心に森林組合や林業者から一日当り50トンの未利用材を調達し、燃料としての製造するとのこと。同町の中沢恒喜町長は「林地残材の利用にメドが立てば、林業振興や森林整備につながる」と歓迎している。
           木材チップ製造工場は、同町植栗の0・7ヘクタールの土地に今年中にも建設予定で、総事業費は約5500万円。同町は同組合に対し、町企業立地促進条例に基づき、事業費のうち1000万円と、3年間の固定資産税相当額を補助する方針だ。同組合は、県の「林業県ぐんま確立対策事業」の補助金申請も検討している。

          「あがつま森林育成事業協同組合」東吾妻町の林業者や建設業者で組織(入江勝郎理事長)

           吾妻郡内の山林所有者の方は、注目です。燃料利用として安定した需要を背景に、山林を集約化し、計画的に伐採を行い、補助制度を活用しながら間伐と同時に林道を導入する。面白い取り組みが期待されます。山林活用ドットコムでは、このような事例を積極的に作っていきたいと考えております。このエリアの山林所有者の方、山林の買取、売買はもとより管理委託などなんでもご相談下さい。皆様のご登録お待ちしております。


          山林のご登録はこちら!! ⇒  http://sanrin-katsuyo.com/sanrin-entry/index.html

          「国産材ルネサンス」シンポジウム 東大弥生講堂 一条ホール9月28日(土)開催

          0
            平成25年9月28日 (土) 午後1時30分から
             東大弥生講堂 一条ホールにて「国産材ルネサンス」シンポジウムが開催されます。

            弊社社長 東泉清壽が (一財)日本木材総合情報センター理事の武田八郎氏、螳太工務店代表取締役の安成信次氏とともに、国産材を取り巻く需給構造から市場形成などについて報告を行う予定。 後半は、螢哀蝓璽鵐泪狢緝充萃役の川畑理子氏が国産材の需要と供給をつなぐ仕事について」をテーマに報告されたのち、パネルディスカッションで総合討論を行う予定。

            当日の模様は、ユーチューブにて配信予定とのことです。

            詳しくはこちら  ⇒  http://www.rinkeiken.org/pdf/simpo.pdf

            栃木県 国産人工乾燥木材出荷量 全国2位

            0
              下野新聞 2013年8月16日付け 参照

              建築用木材製品は、寸法の狂いや割れを防ぐ目的で、人工的に乾燥されたものが主流となっています。全国の人工乾燥出荷は、以下の通り。(県は農水省の木材統計で公表されている人工乾燥材出荷量に対し、県ごとの国産材率を乗じて、国産材の人工乾燥材出荷量を算出した。 )

                     2011    2012   
              宮崎   17万8千  15万2千

              栃木   14万5千  15万

              大分   12万3千  13万6千

              栃木県の国産木材の人工乾燥材出荷量は2012年、15万立方メートルで2年連続の全国2位となり、1位の宮崎県に肉薄していることが15日までに、県林業振興課のまとめで分かった。宮崎県は15万2千立方メートルで、2千立方メートル差まで迫った。同課は「県内の業者が乾燥材の良さを理解し、乾燥機の導入に努力している結果だろう」と分析している。

               弊社の本社所在地である栃木県は、北関東に存在する優良な木材資源を背景に全国有数の製材品生産県です。九州、東北など豊富な森林資源を控える生産県のなかで全国2位の実績は、これを裏付けるものとなりました。


              群馬テレビ「ビジネスジャーナル」に螢函璽札鵑紹介されました。

              0
                 群馬銀行さま提供の「ビジネスジャーナル」に螢函璽札鵑紹介されました。http://www.gunmabank.co.jp/info/movie/ (群馬銀行HPより)

                ここでは、2013年5月10日に群馬テレビにて放映されたダイジェスト版を2013年9月30日まで視聴することができます。

                国産材製材の螢函璽札鵑呂匹鵑焚饉辧と興味があるかた是非、ご覧ください!

                北海道江別市にバイオマス発電25MW発電王子グリーンソース

                0
                  王子グリーンソース蝓焚子ホールディングスの100%子会社)はHP上で、北海道江別市に静岡富士宮市、宮崎日南市に続く第3番目の発電施設の建設を発表した。
                   発電能力は、25MW。総工費85億円、売上高40億円、2015年7月稼働を予定しているとのこと。

                  同社では、既に、静岡県富士宮市、宮崎県日南市にバイオマス発電施設の計画を発表しており、合わせて3基目の計画となった。

                  山林活用ドットコムの試算では、年間30万鼎ら35万鼎稜確舛鮠暖颪垢詒電施設となる見込みです。
                  発表によると、北海道の山林未利用材を主な燃料とすることから、森林資源が仮に300t/ha存在すると仮定すると、全伐を行う山林が年間約1000ha必要となります。さすが、北海道にスケールだと感心しました。

                  同社のホームページによると、今後も発電事業の拡大を図り、事業構造の転換を推進するとなっております。発電施設近隣の山林所有者の方注目です。 
                   

                  宮崎県林業センター 独自システム開発 スギ苗木90%超根付く

                  0
                    宮崎新聞 2013年7月30日付け 参照

                    戦後の拡大造林期は、やはりその当時木材需要が大幅に増加することが見込まれ、将来の財産形成の目的で莫大な面積で植林が行われていました。木材価格の低迷により、植林が一向に進みません。木材は、国際商品です。外材との競争力をつけるためには、やはりその生産コストを下げる必要があるのです。

                    林業県宮崎は、林業が厳しい状況に置かれる中、県林業技術センター(美郷町、森房光所長)においてスギの育苗システム「Mスターコンテナ」を独自に開発し、普及を進めている。根の部分を樹脂シートで巻いて損傷を回避することで、畑で栽培する従来の育苗方法と比べ植栽後に根付く確率は格段に向上。このため追加植栽が少なく、林家の大幅なコスト削減が期待されており、本県独自の技術として発信していくとのことです。

                    森林は、循環型資源として極めて合理的な資源です。切る⇒植える という循環を形成するためには、やはり植林は重要な事業です。宮崎県林業技術センター様の取り組みに期待します。

                    気仙沼地域エネルギー開発 発電施設建設始まる

                    0
                      読売新聞 2013年7月26日付け 要旨

                       
                       気仙沼市の「気仙沼地域エネルギー開発」(高橋正樹社長)が25日、発電施設となるプラントの建設に着手したと発表した。間伐材などを使った木質バイオマスを燃料とした再生可能エネルギーで、同社は来年3月の稼働を目標にしており、木材の調達を進めるとともに、今後、電力会社への売電を始める予定とのこと。
                       プラントは同市の沿岸部に建設予定で、年間8000〜1万トンの木材を使い、800キロ・ワットの発電能力を持つ。一般家庭約1700世帯分に相当する電気を供給することができ、東北電力に対し、1キロ・ワットあたり32〜24円で売電する。
                       また、発電と同時に発生する熱は、プラントからパイプを設置して近くのホテル2軒の温泉や空調設備に供給する。

                       同社は既に市内の林業家から1トンあたり6000円での木材買い取りを始めており、約1000トンを調達済み。半額を市内の仮設商店街など約180店舗で利用可能な地域通貨で支払うことで、地元経済への貢献も目指す。今後は地元の森林組合などからも大規模な購入を予定している。

                       総事業費は約18億円で、半額近くが林野庁の補助金で賄われる見通し。

                       会社名に地域という言葉が入っていることが特徴です。地域の資源を利用し、エネルギーを生み出し、地域通貨を活用して経済を活性化させる。ここで重要なのが、地域にある資源を地域で循環させる要になるのが発電施設である点です。エネルギー利用は、安定した需要を生み出す。さらに、熱供給まですることでその利用率が高めている。最近計画が発表される施設のなかでも小規模な利用施設であることも注目です。 この様な事例が成功し、各地で同様の事例が誕生することが極めて重要であると山林活用ドットコムでは考えています。

                       ここに、山林所有者が山林を担保に参画できるようなスタイルが生まれると、ヨーロッパの先進事例に負けない数少ない事例になるのではないでしょうか?
                       

                       



                      Blog index

                      お知らせ
                      山林担当者より

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      山林活用メールマガジン

                      山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

                      山林情報登録

                      山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM