山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

高知県土佐市でバイオマス発電 (土佐グリーンパワー? プレスリリース)

0
    高知県で出光興産さまの参画するバイオマス発電計画のプレスリリースがありました。
    以下全文です。

    木質バイオマス発電事業の合弁会社設立について


    土佐電気鉄道株式会社(本社:高知県高知市、社長:竹本 昭和)、高知県森林組合連合会(本社:高知県高知市、会長:戸田 文友)、出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:中野 和久)は、木質バイオマス発電事業への参入に向けて、本日、土佐グリーンパワー株式会社を設立致しました。高知市において、2015年4月に発電所の運転開始を目指します。


    土佐電気鉄道株式会社、高知県森林組合連合会、出光興産株式会社の三者は共同で、森林資源の有効活用による森林整備への貢献、再生可能エネルギーの活用によるCO2削減、地産地消型のエネルギー事業の推進等を主旨として合弁会社を設立し、木質バイオマス発電事業への参入検討を進めます。
    計画している木質バイオマス発電所は、未利用材の破砕・乾燥工程を含んだ日本初の一体型発電所であり、燃料としては未利用材を100%使用し、騒音・臭気の抑制、緑地の設置等で環境配慮型の発電所とする予定です。発電したグリーン電力は、路面電車の走行などに用い、地元へ貢献してまいります。
    本事業は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」および「森林整備加速化・林業再生事業」等を活用した事業とする予定であり、本事業を通じ、森林再生、再生可能エネルギーの活用によるCO2削減、地域産業の振興等に貢献してまいります。


    【会社概要】
    1.商号 : 土佐グリーンパワー株式会社
    2.所在地 : 高知県高知市仁井田
    3.代表者名 : 竹本 昭和 (土佐電気鉄道株式会社 代表取締役社長)
    4.設立日 : 2013年1月23日
    5.資本金等 : 2.5 億円
    6.出資比率 :
    土佐電気鉄道株式会社 25%
    高知県森林組合連合会 25%
    出光興産株式会社 50%
    7.事業内容 : 木質バイオマス発電事業


    【発電所概要】(計画)
    1.場所 : 高知市仁井田新築(木材団地内)
    2.発電出力 : 5,000キロワット
    3.年間予想発電量 : 約3,600万キロワット時(kWh)
    (約10,000世帯分相当の電力を賄います。)
    4.燃料量 : 7〜8万トン/年
    5.CO2削減量 : 2万トン/年
    6.従業員数 : 20名 (関連事業を含め雇用創出見込 140名)


    以上


    年明けも発電施設の計画が相次いで発表されています。高知県2例目の発電施設です。

    コメント
    コメントする








       

    Blog index

    お知らせ
    山林担当者より

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    categories

    selected entries

    山林活用メールマガジン

    山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

    山林情報登録

    山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM