山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

木質バイオ発電で電力小売開始 フルハシEPO

0
     チップ工場に出力1000KWの発電設備導入

    木質チップ製造大手のフルハシEPO(名古屋市、山口直彦社長)は、電力小売事業に参入することを明らかにした。所有チップ工場に出力1000KWのバイオマス発電施設を今年度中に導入、併せて子会社を設立してPPS(特定規模電気事業者)の登録を行い売電を進める方針。

     同社は全国規模で木質チップの製造・販売を手がけており、昨年2月には住友共同電力および住友林業との合弁で神奈川県内に木質バイオマス発電所「川崎 バイオマス発電」を開設して電力需要に応えている。電力小売事業への参入に当っては、愛知県知多郡武豊町の愛知第4工場内にバイオマス発電設備を整備し、同工場で生産する建築廃材チップ等のリサイクルチップを燃料活用する。年間のチップ使用量は約1万5000トン、年間発電量は一般家庭1000世帯分に相当する800万KWを想定している。設備投資額は数億円規模とみられる。発電設備の稼動に合わせて子会社を設立してPPSとし、企業などに売電を行う。契約企業は木質バイオマス由来(CO2フリー)の環境に優しい電力を使用していることをアピールできるため、製品や事業の社会的価値を高めれられる。 また、フルハシEPOでは同事業の海外展開も検討している。(日刊木材新聞2012年10月16日付け)

    フルハシEPO様は、建築解体材やパレット解体材のリサイクルチップを製造する最大手の一角。
    解体材などを廃棄物として処理するのではなく、マテリアルや、エネルギーとして活用する取り組みは今後ますます重要なテーマとなるでしょう。


    コメント
    1000kwの発電方法、発電効率、価格を教えて下さい。
    • 各務裕史
    • 2014/08/31 3:05 AM
    コメントする








       

    Blog index

    お知らせ
    山林担当者より

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    categories

    selected entries

    山林活用メールマガジン

    山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

    山林情報登録

    山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM