山林担当者より〜山林活用ドットコムの現場担当者ブログ

福岡市の分収育林 100億円の赤字

0
     福岡市が1977年から行ってきた木材の売却益を分け合う分収林事業が、材価低迷の影響で、現時点で約100億円の赤字の見通しとのこと。      読売新聞 九州版 2013年2月15日

    この記事から現在の木材(山林)の状況を整理したいと思います。

    <ポイント>
    ○森林所有者は約1350名 
    ○森林面積1070ha  ヒノキ845ha  スギ220ha
    ○材価は事業開始直後1980年をピークに1/3に
    ○分収の内容(販売額から伐採搬出費用を除いた売却益の6割が市、4割が所有者)
    ○全て木材を処分しても売却益は約10億円。
    ○約40年間の経費 植林代、管理費を合計すると約140億円
    ○補助金を除いても約100億円の赤字

    <この記事から大雑把に計算すると>
    ○40年間に市がかけた経費は、1308万円/ha
    ○ヒノキ845ha×250m3/ha×15000円/m3=約31億7000万
    ○スギ 220ha×300m3/ha×10000円/m3=約6億6000万
    ○合計                     木代金 38億3000万
    ○伐採搬出経費  38億3000万円−約10億円=約28億円
    ○材積当りの伐採搬出経費  28億円/277250m3=10100円/m3
    ○木材売却益は、93万円/ha

    <総括>
    全国の分収育林は、その多くが元本割れをおこし、経営的に成り立たなく
    なっているのが実情です。この事例のように、40年間で1300万円/ha以上
    の経費をかけているとのこと。材価が現状の4.5倍でなければ採算が
    会わないという経費は、多すぎることを考慮しても、日本の
    山林の多くがこのような状況になっているのだと想像します。

     分収育林のような、まとまった山をなんとか生かすことが出来ないか、
    いつも考えさせられるテーマです。

    コメント
    コメントする








       

    Blog index

    お知らせ
    山林担当者より

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    categories

    selected entries

    山林活用メールマガジン

    山林活用のためのリアルな情報を現場から配信しています。⇒バックナンバーを見てみる

    山林情報登録

    山林活用といっても難しい!活用方法はプロに判断してもらいたい!という方は山林情報をご登録下さい。

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM